カテゴリ:たのしい いちかめようちえん
砂場のおおそうじ

暖かな午後の日差しの中、みんなで砂場の遊具を洗うことにしました。

先生が、洗うところから乾かすところまでの手順の話を聞いてから始めます。

 

たくさんの遊具の中から、自分で洗うものを選び、

ぬるま湯が入ったたらいで洗います。

  

密を避けるために、たくさんのたらいを用意していたのですが、

年中、年長とも、一緒にすることが嬉しいからでしょうか

なんとんなく引かれあってしまいます。

 

 

年長児が 「こうやって、スポンジでこするんだよ」と

優しく教えてあげる姿も見られます。

 

 

じっくり丁寧に洗う子、とにかく たくさん持ってきて次々洗う子、

おおそうじの場面でも、一人一人の個性が表れます。

 

途中、少し飽きた様子が見られると、

先生たちはこんな言葉をかけていきます。

 

「残り、車があと5台です! 青い車はいかがですか!」

「こちらのお皿は、限定3枚となりました。限定3枚ですよ!」と知らせると、

こどもたちの目がキラキラと輝き、あっという間にカゴが空っぽになります。

 

 

洗ったものを乾かすところでは、同じものどうし、逆さに伏せると乾きやすいという話を受け、

探しながらきちんと並べて置いていきます。

年長児が、年中児に 「ここに置くんだよ」と教えてあげることも。

 

およそ30分かけて、全部の遊具を洗い終え、

ピカピカ大作戦は、見事大成功となりました。

 

年末の大掃除や新年を迎える準備を経験したこどもたち。

お家でも、ピカピカ大作戦をしてみてはいかがですか。

公開日:2020年12月24日 18:00:00